kashin

特集 照屋佳信

照屋佳信 てるやかしん

1950年生まれ。
18歳の時に仁王窯・小橋川永昌氏のもとに運転手として雇われ、
土作りを手伝う内に、陶芸に興味をもち正式に弟子入り。
長い修行の後、1985年恩納村に「照屋窯」を開く。
土づくりから、釉薬、化粧土まですべて一人で行う。
人里離れた山中の登り窯で焼かれる器は、粗野で無骨、
一見荒々しく見えるが、どこか柔らかさや温もりを感じさせる。
沖縄の伝統を今に伝える、陶工のひとり。



この商品を見た人は、この商品も見ています。


買い物かご

買い物かごは空です。

ご購入履歴


商品検索



沖縄ざっか・アート・本 ふくら舎オンライショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Check