0120_online1

特集 與那原正守

大寒。
一年で一番寒く厳しい季節といわれますが、
徐々に日は長くなり、あたたかな春を迎える準備の季節でもあります。

一年中あたたかなイメージのある、ここ沖縄でも
強い風がふきあれ、ぐんと気温が下がりますが
晴れた日中のおだやかな陽気は、春の訪れを予感させます。

この時期にあわせてご紹介するのは、與那原正守さんのやちむん。
草木の芽吹きをイメージさせる唐草柄のお皿や
大人気のペルシャンブルーの器たち。
伝統的な手法を守りながらも
既成の枠にとらわれない斬新な作品から、
一足早い春の訪れを感じられます。

読谷山焼 北窯 與那原 正守(よなはら まさもり)

【プロフィール】 1950年沖縄県与那城町に生まれる。 1987年読谷村焼共同窯「大嶺工房」に従事し、1990年北窯13連房を開く。 1998年大阪にて個展。2000年リウボウ美術サロンにて個展。その後精力的に個展を催し、現在に至る。 アジアやアフリカをモチーフにした作品やペルシャンブルーと呼ばれる鮮やかな色が印象的な作品など、独創的な作品を作り続けている。



この商品を見た人は、この商品も見ています。


コメントをお寄せ下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント

コメントはまだありません。

買い物かご

買い物かごは空です。

ご購入履歴


商品検索



沖縄ざっか・アート・本 ふくら舎オンライショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Check