霜降 與那原正守

特集 與那原正守

霜降(そうこう)とは、その名の通り「霜が降りはじめる頃」の意味で、
沖縄でも、ようやく朝晩の冷えを感じる様になってきました。
この霜降から、次の立冬までに吹く北風のことを「木枯らし」と言うのだそう。
暦の上では、秋も終盤。冬の訪れはもうすぐそこです。

さて今回は、北窯の與那原正守氏の作品を特集致します。
色鮮やかなペルシャブルー、掻き落としの細かく繊細な絵柄、
釉薬が生み出す絶妙な色の変化などをお楽しみください。

読谷山焼 北窯 與那原 正守(よなはら まさもり) 【プロフィール】 1950年沖縄県与那城町に生まれる。 1987年読谷村焼共同窯「大嶺工房」に従事し、1990年北窯13連房を開く。 1998年大阪にて個展。2000年リウボウ美術サロンにて個展。その後精力的に個展を催し、現在に至る。 アジアやアフリカをモチーフにした作品やペルシャンブルーと呼ばれる鮮やかな色が印象的な作品など、独創的な作品を作り続けている。


コメントをお寄せ下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント

コメントはまだありません。

買い物かご

買い物かごは空です。

ご購入履歴


商品検索



沖縄ざっか・アート・本 ふくら舎オンライショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Check