0105kyacchi3

特集 松田米司

小寒 芹乃栄う(せりさかう)

寒さが増すひとつ手前のころ。

一年で最も寒い小寒から大寒までの「寒の内」

こんな時には、お客さまを招きワイワイと賑やかに暖かく過ごしたいものです。

今回は、読谷山焼 北窯の松田米司さんの器。

先日の12月窯であがったばかりの赤絵を中心に集めました。

沖縄のやちむんは通常、生掛け一度のみの焼き上げですが、

今回の赤絵は、二度焼きが必要で手間がかかります。

その為、作られるのは年末の窯のみとなっており、ご紹介できる機会もわずかです。

めでたく賑やかなテーブルを彩ってくれる器たち。

この機会に是非お買い求めください。

 

読谷山焼 北窯 松田米司 陶歴

1954年 沖縄県読谷村に生まれる

1973年 那覇市首里 石嶺窯にて作陶従事

1979年 読谷山焼 共同窯 大嶺工房にて作陶従事

1981年 グループ四人店(於:国吉ギャラリー)

1990年 グループ三氏と共に読谷村字座喜味 読谷山焼 北窯(13連房)を開く

1995年~2009年 日本民藝館展 連続入選

1998年~2012年 県内外にて個展を開催

1999年 日本民藝館展 奨励賞

2011年 倉敷民藝館賞受賞(北窯として)

2012年 北窯二十周年式典

日本民芸館展 入選



この商品を見た人は、この商品も見ています。


コメントをお寄せ下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

最近のコメント

コメントはまだありません。

買い物かご

買い物かごは空です。

ご購入履歴


商品検索



沖縄ざっか・アート・本 ふくら舎オンライショップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Check