茂生窯 上江洲茂生

上江洲茂生(うえずしげお)
【プロフィール】

学生時代から沖縄の陶器厨子甕(ジーシガーミ)と出逢い、やちむんに魅せられる。

昭和四十五年、二十歳で壺屋焼の伝統的な窯元、仁王窯 小橋川永昌氏の元へ弟子入りする。二十四歳の時に小橋川氏に認められ、厨子甕を作る事を勧められる。

昭和五十五年に独立し読谷 座喜味に登り窯を築く。以降沖展賞を始め様々な賞を受賞する。

伝統的な壺屋焼きを思わせる、素朴で温かみのある器を四十年以上も作り続けている。沖縄を代表する陶工の一人。


ページ: 1 2 3

ページ: 1 2 3

買い物かご

買い物かごは空です。

ご購入履歴


商品検索



沖縄ざっか・アート・本 ふくら舎オンライショップ